乳がん治療後の妊娠について

乳がん治療後の妊娠について

乳がんを治療したあとに、妊娠したことがわかった場合、もしくは妊娠をのぞむ場合、どうするべきなのか?

 

乳がんは女性ホルモンを栄養として発育するため、妊娠すると女性ホルモンが通常の何倍も分泌するために乳がんが再発するのではないかと心配する方も多いでしょう。

 

特に、若いうちに乳がんにかかった場合、治療を終えてお子さんをほしいと思う女性の方が多いはずです。

 

 

安心してください。

 

現代医学で、数々の症例報告が、乳がん術後の妊娠は寿命になんら影響を与えないということを証明しているそうなのでそういった心配は必要ないようです。

 

妊娠、そして出産が安全にできるかどうかについても、乳がん治療後の女性が、一般の妊婦に比べて危険性が高いということはないようです。

 

ということで、乳がんの治療を受けたあとに妊娠するのは全然かまいませんので、丈夫な赤ちゃんを産んでくださいね。

 

 

ただし、乳がん治療に入る前に、治療後に妊娠を希望する場合はその旨をきちんと医師に伝えて治療にのぞむようにしましょう。

 

抗がん剤治療は不妊になるリスクがあるそうです。

 

またホルモン療法も長期間にわたって治療を行うため、妊娠する機会を逸してしまう可能性も。

 

その辺はしっかり主治医と相談したいところですね。

 

 

乳がん治療後の妊娠について関連ページ

乳がんの治療法
乳がんの治療法について。
乳房再建術
乳房再建術について解説。
乳がんと診断されても
乳がんと診断されても悲観しないでください。