乳がんの治療法

乳がんの治療法

乳がんと診断されたら、乳がんの病期やがんの状態によって、いくつかの治療法から選ぶ形になります。

 

それは医師と患者で相談の上、がんが再発しないようにもっとも良い治療法を選ぶことになるでしょう。

 

簡単に乳がんの治療法を説明します。

 

 

乳房温存療法

 

乳房温存療法とは乳房温存術とその後の放射線療法やホルモン療法からなる治療法です。乳房温存術は乳頭・乳輪を温存し、腫瘍を中心とした乳腺を部分的に切除する手術です。

 

 

放射線療法

 

放射線療法には術前照射と術後照射があり、乳房温存療法では必ず温存術のあとに放射線を照射します。

 

温存術のあとの放射線治療の標的はがんのあった側の乳房に放射線を照射するため、髪の毛が抜けたりすることはありません。

 

 

乳房切除術

 

乳房切除と腋窩リンパ節郭清を行なう術式です。広範囲にがんがみられる場合、また多数の腫瘍がある場合に適用されます。

 

 

化学療法

 

乳がんは発がんと同時に目にみえない形で全身に微小転移を起こしている可能性が高いので、手術でがんを摘出するだけでなく、薬物によって転移したがんを消失させたり、転移を防ぐ全身治療が大切です。

 

 

ホルモン療法

 

乳がん増殖の原因となるエストロゲンを抑えるために、ホルモン受容体陽性の乳がん患者に関しては、エストロゲンを抑えるためのホルモン療法を行ないます。

 

 

自分(管理人)が乳がんの宣告を受けた後にいろいろと調べてみたところ、必ずしも手術しなければいけないということではないことを知りました。もちろん転移して手術ができないケースもありますが、放射線のピンポイント照射や代替医療など他にもいろいろ方法があるのです。
治療法はきちんと自分で納得して決めるようにしましょう。自分の身体は自分でしか守れません。

乳がんの治療法関連ページ

乳房再建術
乳房再建術について解説。
乳がん治療後の妊娠について
乳がん治療後の妊娠しても大丈夫なの?
乳がんと診断されても
乳がんと診断されても悲観しないでください。