乳がん検診

私の乳がん診察体験記

私は、乳がん検診を2度ほど受けたことがあるのですが、さらに診察も受けています。

 

右胸にしこりがあって20代の時から圧痛があり、乳がんではないかと心配になり、検査を受けました。その検査について、少し書かせていただきます。

 

 

20代の頃の乳がんの検査

 

20代の頃、右胸としこりと圧痛が気になり、大学病院へ行き検査を受けました。その当時はまだ20代後半だったので、病院へ行くのに結構勇気がいったのですが、放っておくよりましという気持ちで1人で行きました。

 

触診とエコー検査をやったのですが、男性の研修医の人たちがわんさかその検査方法を見学していて強烈にはずかしかったのを覚えています。

 

今は、病院によっては女性が超音波検査などをやるところが多いですが、その当時は男性の医師が検査を行なっていたので、というか、いきなり何で大学病院にいったのか私の行動がおかしかったのかも知れませんね。

 

その当時は、乳がんはどこで診てもらえばいいかわからず、大学病院へ行けばいいやと思ったのでしょう。結果は乳腺症のような病気と診断されました。とにかくほっとしました。

 

 

30代後半の乳がんの検査

 

乳がん検診ではなく、乳がんの診察を受けたいというと、ちょっとびっくりされてしまいました。またもや総合病院に行ったのです。(笑)この時も、しこりと生理前の、乳房の痛みが結構気になったので、行ってきました。

 

外科の先生は男性でしたが、エコー検査は女性でした。

 

触診の時点で、乳がんではないと言われたのですが、念のためにエコー検査をと言われ、受けました。
マンモグラフィは痛いと聞いていたのでいやだなと思ってたのですが、マンモグラフィの検査はしてもらえませんでした。

 

この時の結果も乳腺症だと言われました。(ついでに軽い更年期障害とも・・・)

 

 

40代の乳がんの検査

 

がん検診センターで1度、区の検診で1度検診を受け、そして乳腺外科で乳がん検査を受けました。40を過ぎてからは触診とマンモグラフィです。検診のマンモは痛くなかったけど乳腺外科のマンモは痛かった(>_<)

 

乳腺外科での診断は乳がん、ついに右胸のしこりが乳がんの診断を受けてしまったのです・・・。ひー。しかし手術後の病理検査の結果は悪性葉状腫瘍

 

どっちもどっちですが、悪性葉状腫瘍は外科手術のみが今のところ有効な治療法とされているので、術後は治療がないことが今のところ助かっています。そういうわけで元気モリモリですよ。

 

ブログもやってますので興味がある方はこちらをどうぞ→猫と葉状腫瘍と私

 

私の腫瘍はマンモグラフィに写らないタイプでした。40過ぎたら乳がん検診はマンモだけじゃなくてエコーと併用することをおすすめします。まじで。特に私のようにしこりがある人は。

 

だれも併用したらいいなんて教えてくれなくて、気がついたら悪性腫瘍になってるなんて笑えませんよ。

 

私の乳がん診察体験記関連ページ

乳がん検診は何科で受診するの?
乳がん検診、どこで受けたらいいか知ってますか?
乳がん検診の内容
乳がん検診ってどんなことするの?
マンモグラフィによる乳がん検診の重要性
マンモグラフィによる乳がん検診の重要性について。
乳がん検診 石灰化のカテゴリ
乳がん検診を受けた際の石灰化のカテゴリについて。
乳房結節
乳房結節について。