乳がん検診

乳がん検診は何科で受診するの?

乳がん検診は、まず住んでいる地域、加入している健康保険によって案内される方法が変わってきますが、30歳以上で毎年あるいは2年に1度、補助が受けられて検診を受けることが可能です。

 

市や区の検診センターだったり、指定の病院だったり、がん検診センターで受けられます。そこでまず検診(触診やマンモ、エコー検査など)を受けて、疑わしい場合は別途要検査の通知がきます。

 

再検査となった場合や、最初から乳がんの検査をきちんとしてもらいたいと思った時は、乳腺外科か外科、外科のある総合病院などを受診してください。

 

女性の病気ということで、婦人科ではと思いがちですが、乳がん検診、乳がんの検査に関しては外科になります。

 

がん患者サービスステーション様が乳腺専門医のいる施設をwebで公開してくれていますので、自分の住まいの地域をクリックするとご覧いただけます。

 

乳腺専門医のいる施設

 

また、乳腺外科、乳腺クリニック+地域名で検索エンジンで探すこともできますね。

 

 

 

再検査で受ける検診料も指定医にされているところはそんなに高くないはずです。(普通に検査を受けても、保険がききますので、それほどかからなかったと記憶しています。)

 

10代や20代であっても、しこりが気になる、特に乳頭から血性の分泌物があるなど、乳がんではないかと思われる症状があれば、病院で診てくれますので、迷わず受診してくださいね。

 

自己検診ができるとはいえ、最終的に乳がんであるかどうかは、検査をうけてみなければわかりません。

乳がん検診は何科で受診するの?関連ページ

私の乳がん診察体験記
管理人が受けた乳がんの診察について。
乳がん検診の内容
乳がん検診ってどんなことするの?
マンモグラフィによる乳がん検診の重要性
マンモグラフィによる乳がん検診の重要性について。
乳がん検診 石灰化のカテゴリ
乳がん検診を受けた際の石灰化のカテゴリについて。
乳房結節
乳房結節について。