乳がん検診の内容

乳がん検診の内容

乳がん検診はどのような検査を受けるのか?

 

ご存知の方も多いと思いますが、乳がん検診では、まず問診、そして視診、触診が行われますそのあと、マンモグラフィ、あるいは、超音波(エコー)検査が行われます

 

マンモグラフィは40歳代以上で微細石灰化がわかり有効とされています。40歳代未満で若い場合など、乳腺が発達している場合は、画像が全体的に白っぽく写ってしまい、きちんと診断できないようです。

 

マンモグラフィは乳房をはさんで撮影するため、痛みを感じます。(これは技師の腕次第ですね。あまり痛くないようにやってくれる技師もいれば、「はい痛いですよー」と言って本当に痛くされる場合もあります)

 

一方、超音波(エコー)検査は30歳代以下で有効な検査方法とされ、専用のゼリーを塗って超音波で検査をします。ゼリーを塗る時に冷たいと感じるだけで、痛みは全くありません。

 

上記の検査で、乳がんではないかと疑いがあった場合、専門医でないところで検査を受けた場合は専門医の受診をすすめられ、専門医で検査を受けた場合はがん細胞があるかどうかの細胞検査を行ないます。細胞診のあとは針生検に進む場合もあります。

 

その後はお医者様の支持に従う形になるでしょう。

 

がん細胞がなくても、年に1回検査を受けるようにと言われることもありますし、がん細胞が発見された場合は、治療についてお医者様と話し合うことになります。

 

*気になるしこりがある方は最初から専門医にて乳がん検診を受けましょう。またマンモグラフィだけでなくエコー検査も併用してもらうようにしましょう。

 

乳がん検診の内容関連ページ

私の乳がん診察体験記
管理人が受けた乳がんの診察について。
乳がん検診は何科で受診するの?
乳がん検診、どこで受けたらいいか知ってますか?
マンモグラフィによる乳がん検診の重要性
マンモグラフィによる乳がん検診の重要性について。
乳がん検診 石灰化のカテゴリ
乳がん検診を受けた際の石灰化のカテゴリについて。
乳房結節
乳房結節について。