乳がんの予防

生活習慣を見直す

乳がんは家族に乳がん患者がいるとリスクが高くなると言われていますが、遺伝するものではありません。(しかし、アンジェリーナ・ジョリーさんが公表されたように遺伝子異常をもっている場合もあるようですね・・・)

 

乳がんリスクの高い人

 

一緒に暮らしていると、食生活や生活習慣が似るためリスクが高くなるといわれています。

 

乳がんの予防としては、まずリスクが高くなるという生活習慣を改めてみるという方法があります。

 

乳がんリスクの4〜7、や9に関しては改善しようと思えばできるはずです。

 

 

運動不足や喫煙などは、ことあるごとに病気の原因となるものですので、簡単な運動、例えば全く運動しない人などは、30分くらい散歩を早歩きでしてみるとかでもいいでしょう。

 

喫煙は、乳がんだけでなくその他の病気をも引き起こす悪害物質とされています。

 

(私も実はたばこを吸っていましたが、数年前にやめました)

 

あとは、食事ですね。

 

いつも肉類を食べるのではなく、1週間に2?3回は魚中心の食事にしてみるとか、なるべくバターやマヨネーズを摂らないようにするなど。

 

乳がんには大豆製品が予防効果があるとされていますので、私は豆腐や納豆を好んで食べるようになりました。あと、トマトが発がんを抑える効果があると聞いてから、トマトもまめに食べるようにしています。

 

 

肥満についてですが、閉経後の肥満がリスクが高いと言われているそうですが、逆に閉経前は肥満である方が、乳がんのリスクが下がるという話もあります。

 

 

乳がんが気になるのでしたら、気休めかも知れませんが生活習慣の改善、ぜひ取り入れてみてくださいね。

 

ちなみに現在、乳がんの治療の一環としてヨガが非常に良いとされています。

乳がんの予防関連ページ

乳がんの予防と再発防止のための食生活
乳がんの予防と再発防止のための食生活について。
プエラリア・ミリフィカ
乳がん予防にプエラリア・ミリフィカは効果があるのか?
コニカミノルタ 乳がんの早期発見・早期検診「ピンクリボン運動」
コニカミノルタでは「ピンクリボン運動」を行っています。