乳がんの予防と再発防止のための食生活

乳がんの予防と再発防止のための食生活

乳がんにならないように、乳がんになったあとでも再発防止のための食生活についてお話します。

 

乳がんの予防、再発防止のためには、食生活の見直しが大切です。下記の点を気にしてみてくださいね。

 

 

1.アルコールを適度に抑える

 

アルコールは適度に抑えましょう。アルコールが分解されるときに発生するアセトアルデヒドが遺伝子を傷つけるのです。またアルコールが女性ホルモンの増加に関与しているのではとも言われています。飲むなら1日ビール1杯程度で。

 

 

2.大豆・大豆製品を摂取する

 

大豆や大豆製品は乳がんの予防効果が高いとされています。大豆イソフラボンは乳がんの原因になる過剰な女性ホルモン・エストロゲンの作用を抑え、腫瘍の増殖を防ぐ効果があるのです。納豆なら小パック1個、豆腐なら1/2丁、一日に1度は摂取するようにしましょう。

 

 

3.肉食を控える

 

肉のとりすぎは乳がんをひきおこす可能性があるとされています。とりすぎ注意です。動物性脂肪の過剰な摂取が乳がんをひきおこす肥満にもつながります。魚中心の食生活を心がけましょう。新鮮で旬のお魚の方が良いとされています。

 

 

4.食物繊維をがんがんとる

 

食物繊維は大腸がんだけでなく乳がんを抑える効果も期待されています。乳がんの原因となる肥満も予防できるからです。豆類や海草、果物など積極的にとりましょう。

 

 

5.野菜・果物をたくさん食べる

 

野菜ぎらいな人は乳がんに注意してくださいね。野菜や果物に含まれる色素成分のカテロイドには抗酸化作用ががんの発生を抑制します。また、きのこや海藻類にも抗酸化作用があり、バナナやイチゴ、キウイフルーツなどの果物も有効です。トマトに含まれるリコピンは乳がんの細胞の成長を抑制してくれるそうです。野菜はできるだけ有機栽培のものを食べるようにしましょう

 

 

6.食用油は劣化してものを避ける

 

食用油などが酸化して劣化すると、がんや炎症などの疾病を引き起こしやすくなります。長く空気に触れていた油や、揚げものをした後の油は酸化しやすいので、いつも新しいものを使うようにしましょう。オレイン酸が多く含まれているオリーブオイルやラードなどは、酸化が起こりにくいことが知られていますが、大豆やコーン油などは酸化が起こりやすいとされているので注意が必要です。

 

 

私は乳がんではなく悪性葉状腫瘍ですが、乳がん同様上記のことに気を付けています。油は生食用にアマニ油、炒め用にココナツ油を使っています。しかし、アルコールはやめられん・・・(>_<)

乳がんの予防と再発防止のための食生活関連ページ

乳がんの予防
乳がんの予防について
プエラリア・ミリフィカ
乳がん予防にプエラリア・ミリフィカは効果があるのか?
コニカミノルタ 乳がんの早期発見・早期検診「ピンクリボン運動」
コニカミノルタでは「ピンクリボン運動」を行っています。