葉状腫瘍

葉状腫瘍も乳がんと間違えられやすい代表的な病気のひとつです。

 

葉状腫瘍の好発年齢と発生部位

 

好発年齢:30代〜50代に多くみられますが、近年10代の女性や20代の女性でも葉状腫瘍に罹患するケースが増えてきています。
発生部位:片側に単発もしくは多発することも。

 

葉状腫瘍の症状

 

急速に大きくなるしこりが特徴です。乳がんと違い痛みがともなうことも。数か月でしこり(腫瘤)が10cm以上になることもあります。リンパ節への転移はほとんどみられません。

 

葉状腫瘍とはどのような病気か

 

葉状腫瘍は腫瘍の細胞の形が葉っぱ上の形をしていることから葉状腫瘍と呼ばれ、良性、境界、悪性とわかれます。線維腺腫が腫瘍化する説もありますが原因はわかっておらず、治療法は外科手術のみ、非常に再発しやすい腫瘍のため、初発の段階でしっかり腫瘍をとりきることが重要です。

 

良性であっても再発するうちに悪性化するケースもあり、また、良性か境界型か悪性かは術後の病理診断でないと判断がつかないこともあります。

葉状腫瘍(ようじょうしゅよう)関連ページ

乳腺線維腺腫(にゅうせんせんいせんしゅ)
乳がんとまぎらわしい乳腺線維腺腫について。
乳腺症(にゅうせんしょう)
乳がんとまぎらわしい乳腺症について。