乳腺線維腺腫(にゅうせんせんいせんしゅ)

乳腺線維腺腫(にゅうせんせんいせんしゅ)

代表的な乳腺疾患は乳がん、乳腺線維腺腫、乳腺症があげられます。症状が似ているため、識別を要します。

 

 

乳腺線維腺腫の好発年齢と発生部位

 

好発年齢:20代〜30代
発生部位:片側に多発することも両側に発症することもあります。

 

 

乳腺線維腺腫の症状

 

痛みはまれで、皮膚変化はなし。しこりは硬めで触るとコロコロ動く乳頭からの分泌物は見られない

 

 

乳腺線維腺腫とはどのような病気か

 

性成熟期(10代〜30代、比較的若年)の女性の乳房に発生する良性乳腺腫瘍で、自己触診で乳腺の弾力のあるしこりとして触れることができます。悪性化は非常にまれで、基本的に治療は不要とされています。

 

ただし成長が急速なもの(通常は2〜3cmくらいまで)、あるいは大きなものは、手術を必要とする場合があります。

 

しこりは乳がんと比べれば軟らかく、弾力性に富むことが多いといわれていますが、厳密には触診だけではわからないので、しこりがあったら自己判断せず、乳がん検診を受けましょう。

乳腺線維腺腫(にゅうせんせんいせんしゅ)関連ページ

乳腺症(にゅうせんしょう)
乳がんとまぎらわしい乳腺症について。
葉状腫瘍(ようじょうしゅよう)
乳がんとまぎらわしい病気・葉状腫瘍について。