乳腺症(にゅうせんしょう)

乳腺症(にゅうせんしょう)

代表的な乳腺疾患は乳がん、乳腺線維腺腫、乳腺症があげられます。症状が似ているため、識別を要します。

 

 

乳腺症の好発年齢と発生部位

 

好発年齢:30代後半〜閉経前後
発生部位:片側に多発することも両側に発症することもあります。

 

 

乳腺症の症状

 

乳房の痛み、圧痛が生理前に増強、生理が終わると軽減。しこりは弾力性があり、やわらかいものから硬いものまであります。乳頭から乳汁様、血が混じる場合もあります。

 

 

乳腺症とはどのような病気か

 

乳腺症は乳腺疾患の中で最も多くみられる乳腺の良性疾患です。年齢に伴っておこるホルモン(エストロゲンとプロゲステロン)の不均衡(エストロゲン過剰)により症状があらわれると考えられています。妊娠中絶や出産経験が少ない、授乳経験がない人などに多い傾向があります。

 

中にはしこりは発見されず、生理前の痛みだけを訴えることもありますが、これは乳腺症の中で乳腺痛症といわれるものです。大部分は自然に症状が消失するので、治療が必要ありませんが、乳房痛がひどい場合は薬で治療する場合もあります。異常な乳頭分泌がみられた場合、乳がんとの識別が重要となります。

乳腺症(にゅうせんしょう)関連ページ

乳腺線維腺腫(にゅうせんせんいせんしゅ)
乳がんとまぎらわしい乳腺線維腺腫について。
葉状腫瘍(ようじょうしゅよう)
乳がんとまぎらわしい病気・葉状腫瘍について。