非浸潤乳がんと浸潤乳がん

非浸潤乳がんと浸潤乳がん

乳がんは大きく分けると非浸潤乳がんと浸潤乳がんにわかれます。

 

(細かく分けると、非浸潤がんは非浸潤性乳管がん・非浸潤性小葉がん、浸潤がんは浸潤性乳管がん・浸潤性小葉がんなどにわかれます。また乳房パジェット病も早期の乳がんに含まれます。)

 

 

非浸潤乳がん

 

がんが少葉や乳管の中に限られていて、周囲(血管やリンパ管)に広がっていない状態の早期のがんです。

 

非浸潤がんは乳がん全体の約10パーセントほどですが、転移もなく手術により100%治りますので、予後(治療により治る可能性や生存率)の良い乳がんです。

 

 

浸潤乳がん

 

乳管の中で増えたがん細胞が、周囲の組織との境(基底膜)を破壊して広がって行くものを浸潤性乳がんといい、全身に微小転移している可能性が高く、乳がんの90%がこれに属します。わが国では浸潤性乳管がんが圧倒的に多いとされています。

 

乳がんが転移する部位については肺が最も多く、骨、皮膚・胸壁、肝臓・脳の順です。(あくまでも、一般的な転移する割合の順番で、この順で転移していくという意味ではありません。)

非浸潤乳がんと浸潤乳がん関連ページ

乳がんについて
乳がんってどんな病気?
乳がんリスクの高い人
乳がんになる確率が高い人について。
男性の乳がん
男性にも乳がんがあります。
乳房パジェット病について
早期乳がんの一種である乳房パジェット病の解説。