乳がんリスクの高い人

乳がんリスクの高い人

乳がんリスクの高い人というのがいます。これは乳がんにかかる確率が少し高めの人という意味です。どういった人が乳がんリスクの高い人かみていきましょう。

 

乳がんは女性ホルモンのエストロゲンが大きくかかわっている病気とされています。

 

1.親・姉妹に乳がん患者がいる

 

2.30歳以上で出産経験がない、もしくは少ない

 

3.初潮がかなり早かった

 

4.食事が肉類や油っぽいもの、動物性脂肪分が好き

 

5.閉経後の肥満・高身長

 

6.煙草を吸う、もしくはまわりに煙草をかなり吸う人がいる

 

7.お酒を毎晩飲む

 

8.ピルの使用や閉経後のホルモン補充療法

 

9.運動不足

 

10.良性乳腺疾患者

 

 

などです。

 

リスクが高いからといって、乳がんにかかるわけではなく、上記にあてはまる人は、あてはまらない人より乳がんにかかる確率が高いというだけです。ただ、リスクが高いことに間違いはないので、自己検診や、乳がん検診を定期的に受けるなどした方が良いでしょう。

 

また、上記に全くあてはまらないからと安心するのではなく、リスクの高い人と同様、乳がんの自己検診、乳がん検診は怠らないようにしましょう。

乳がんリスクの高い人関連ページ

乳がんについて
乳がんってどんな病気?
非浸潤乳がんと浸潤乳がん
乳がんはおおまかにふたつにわけられます。
男性の乳がん
男性にも乳がんがあります。
乳房パジェット病について
早期乳がんの一種である乳房パジェット病の解説。