乳がんについて

乳がんについて

乳がんにかかる女性が年々増え、日本人女性の乳がんにかかる率は、胃がんを抜いて現在トップとなっています。

 

毎年、日本でも3万人〜4万人の女性が乳がんにかかっていると言われているので、他人事ではありません。以前は、乳がんは日本人女性はそれほどかからなかったがんですが、食生活などの欧米化により近年、本当に乳がんにかかってしまう女性が増えています。

 

また、40代以降に乳がんにかかる率が高いとされていた乳がんですが、20代、中には10代で乳がんを発症する女性もでてきています。

 

増えたという理由には乳がんの自己検診などで、発見が早くなっているというのも関係しています。

 

女性特有のがんの中には、初期症状がみられない病気もありますが、乳がんは自分で発見することができるがんです。

 

また、乳がんは早期で発見できれば、治療・回復が容易、乳房温存手術も可能とされていますので、乳がんの自己検診、乳がん検診をおすすめします。

 

(*現在腫瘍の大きさが3〜4cm以下が温存対象とされていますが、腫瘍の位置やステージ、病院の方針から、4cm以下であっても温存手術を行うところもあれば、3cm以下でも全摘手術を行う場合もあります。)

乳がんのタイプ

私も乳がんと診断されるまで知らなかったんですが、乳がんってタイプがあるんですよね。(昔からあったのかなぁ・・・?)

 

具体的にいうと

 

ルミナルA
ルミナルB(HER2陰性)
ルミナルB(HER2陽性)
HER2エンリッチド
トリプルネガティブ

 

タイプによって治療法が変わってきます。

 

ルミナルAはホルモン療法だけで治療が終わることが多く、トリプルネガティブは抗がん剤で治療するといった具合です。

 

抗がん剤は・・・きちんと効いてくれるといいんですけど、がんを攻撃するくらいのお薬ですから、正常な細胞にもダメージを与えるため副作用が大きいことも。

乳がんについて関連ページ

非浸潤乳がんと浸潤乳がん
乳がんはおおまかにふたつにわけられます。
乳がんリスクの高い人
乳がんになる確率が高い人について。
男性の乳がん
男性にも乳がんがあります。
乳房パジェット病について
早期乳がんの一種である乳房パジェット病の解説。