男性の乳がん

男性の乳がん

男性も60歳以上になると乳がんにかかる方がいます。乳がんの全症例の約1%は男性なのです。

 

特に女性のあなたがこの男性の乳がんについて知っておく必要はないかもしれませんが、大事なご主人やパートナーが乳がんにかかりうるということも覚えておいて下さい。

 

男性の乳がんの症状も女性のように乳房やわきの下にしこりができたりします。男性の乳がんも閉経後の女性の乳がんの治療法と変わりません。

 

 

男性が乳がんになった場合に生存率が低いと言われていますが、これは実は男性の場合、まさか乳がんになるとは思わないため、発見が遅れることが理由にあげられるそうです。

 

本来、男性が乳がんにかかった場合の生存率は女性と変わらないのだそうです。ですので、男性の乳がんも早期発見が大事、と言いたいこところですが、女性のように定期健診を受けられる状況でもないので、症状があったらまず疑うということが大切だと思います。

 

 

*女性化乳房症

 

男性であっても乳腺が一時的に肥大し、乳頭や乳輪の下にしこりができる場合がありますが、これは女性ホルモンのエストロゲンが過剰に分泌された時におこり、女性化乳房症と呼ばれます。このうちのごく一部が男性の乳がんとなります。

 

特に中高年齢者の男性の場合、乳がんの可能性が高くなるようですので、気になる症状がみられたら、外科など専門医を受診するようにしましょう。

男性の乳がん関連ページ

乳がんについて
乳がんってどんな病気?
非浸潤乳がんと浸潤乳がん
乳がんはおおまかにふたつにわけられます。
乳がんリスクの高い人
乳がんになる確率が高い人について。
乳房パジェット病について
早期乳がんの一種である乳房パジェット病の解説。