乳がん検診

乳がんについて記事一覧

乳がんにかかる女性が年々増え、日本人女性の乳がんにかかる率は、胃がんを抜いて現在トップとなっています。毎年、日本でも3万人〜4万人の女性が乳がんにかかっていると言われているので、他人事ではありません。以前は、乳がんは日本人女性はそれほどかからなかったがんですが、食生活などの欧米化により近年、本当に乳がんにかかってしまう女性が増えています。また、40代以降に乳がんにかかる率が高いとされていた乳がんで...

乳がんは大きく分けると非浸潤乳がんと浸潤乳がんにわかれます。(細かく分けると、非浸潤がんは非浸潤性乳管がん・非浸潤性小葉がん、浸潤がんは浸潤性乳管がん・浸潤性小葉がんなどにわかれます。また乳房パジェット病も早期の乳がんに含まれます。)非浸潤乳がんがんが少葉や乳管の中に限られていて、周囲(血管やリンパ管)に広がっていない状態の早期のがんです。非浸潤がんは乳がん全体の約10パーセントほどですが、転移も...

乳がんリスクの高い人というのがいます。これは乳がんにかかる確率が少し高めの人という意味です。どういった人が乳がんリスクの高い人かみていきましょう。乳がんは女性ホルモンのエストロゲンが大きくかかわっている病気とされています。1.親・姉妹に乳がん患者がいる2.30歳以上で出産経験がない、もしくは少ない3.初潮がかなり早かった4.食事が肉類や油っぽいもの、動物性脂肪分が好き5.閉経後の肥満・高身長6.煙...

男性も60歳以上になると乳がんにかかる方がいます。乳がんの全症例の約1%は男性なのです。特に女性のあなたがこの男性の乳がんについて知っておく必要はないかもしれませんが、大事なご主人やパートナーが乳がんにかかりうるということも覚えておいて下さい。男性の乳がんの症状も女性のように乳房やわきの下にしこりができたりします。男性の乳がんも閉経後の女性の乳がんの治療法と変わりません。男性が乳がんになった場合に...

乳房パジェット病は中高年になってからかかる早期乳がんの一種です。それでは乳房パジェット病はどのような病気なのか解説します。乳房パジェット病とは乳頭・乳輪の表皮内浸潤を特徴とする中高年の女性にみられるがんです。乳腺内に腫瘤がみられず、細胞診で泡沫状のPaget細胞が認められた場合、乳房パジェット病と診断されます。乳管内進展がみられるのですが、多くは非浸潤がんで軽度なことが多く、全乳がんの約1%を占め...